色彩検定®3級対策講座

色彩検定®3級専用の問題集です。カラーコーディネートの基本を学習しましょう!

  • (0Ratings
  • 6Took)
Instructor
山口 充
1 Month
3 Month

This Course Curriculum

基本問題

  • 混色①
  • 混色②
  • 光と色①
  • 光と色②
  • 光と色③
  • 眼のしくみ①
  • 眼のしくみ②
  • 眼のしくみ③
  • 照明
  • 色の表示①
  • 色の表示②
  • PCCS①
  • PCCS②
  • 言葉で表す色名
  • 色の視覚効果①
  • 色の視覚効果②
  • 色の心理的効果①
  • 色の心理的効果②
  • 色彩調和①
  • 色彩調和②
  • ファッションと色彩
  • インテリアと色彩

演習問題

  • 色の心理的効果(演習①)
  • 色の心理的効果(演習②)
  • PCCS(演習①)
  • PCCS(演習②)
  • PCCS(演習③)
  • PCCS(演習④)
  • 色彩調和(演習①)
  • 色彩調和(演習②)
  • ファッションと色彩(演習①)
  • ファッションと色彩(演習②)
  • インテリアと色彩(演習①)
  • インテリアと色彩(演習②)
  • JIS慣用色名(演習:和色名)
  • JIS慣用色名(演習:外来色名①)
  • JIS慣用色名(演習:外来色名②)
  • 総合演習①
  • 総合演習②

付録

  • 付録コンテンツについて
  • 色相別配色カード台紙(配色カード199a用)
  • カラーコーディネート台紙(配色カード199a用)
  • JIS慣用色名(和色名)
  • JIS慣用色名(外来色名①)
  • JIS慣用色名(外来色名②)

Explanation

※上記リストより「基本問題」、「演習問題」をクリックしてプレビューをご覧ください。ご購入後は学習履歴より間違った問題の確認や、弱点問題モードで苦手問題を重点的に学習できます。

 


--------------------------------------------------
※当講座は色彩検定®3級の公式テキストに準拠した内容となっています。検定試験対策には公式テキストを使って学習すると相乗効果が見込めます。
-------------------------------------------------

 

☆この講座のポイント☆

 
  1. 色彩検定®3級合格に向けた問題集
  2. オンラインでいつでも質問可能(ご質問に講師が回答。実生活に役立つアドバイスも!?)
  3. 基本問題(知識問題)と演習問題(イラスト、図を用いた問題)でしっかり定着
  4. 穴埋め問題、選択問題、〇×問、記述問題など豊富なバリエーションで理解度UP
  5. LMS(Learning Manegement System)搭載で間違えた問題を重点学習、学習履歴もしっかり確認。


 

■要件

 
  1. 誰でも受講可能
  2. 受講環境はこちら


 

■対象

 
  1. 色彩検定®3級の合格を目指す方
  2. 色彩の学習をこれからはじめられる方


 

■講座内容

 
>>こちらで詳細をご覧いただけます
 

・問題数400問以上!
・基本問題(約240問)で語彙や知識の理解を深め、演習問題(約200問)で実践的なトレーニング!
・24時間いつでもオンライン上で学習できます!
・1回3分程度、通勤時間・休憩時間・待ち合わせ時間などすきま時間を活用して学習しましょう!
・間違えた問題を優先的に学習する機能あり!(あなただけの個別最適化学習をご提供!)
・「色相・トーン」の理解を深めてファッション・インテリアのカラーコーディネートにも応用可能!


 

■講師からのメッセージ

 
色彩検定®3級は効率よく色彩の基礎を学習できる教材です。特にPCCS(日本色研配色体系)はファッション、インテリアのカラーコーディネートはもちろん、プレゼン資料などビジネスでも役立つ配色体系で、自分の思い描くイメージ表現を可能にしてくれます。今回、皆さまの色彩学習がより楽しく有意義になるよう様々な形式で問題を作成いたしました。試験合格目指して、頑張ってください!わからないことはお気軽にご質問ください♪ 
 

 

 

■関連教材・セミナー

 

 

Instructor Profile

山口 充

◆カラーアドバイザー
◆株式会社カラーオン代表取締役
◆色彩検定®1級取得
◆AFT認定カラーデザイナー
◆日本色彩学会会員
◆日本流行色協会会員

大昔、まだ洞窟で生活をしていたころから、人は生活の中で色彩を使い分けていました。日本では聖徳太子の時代も、平安時代も、鎌倉時代以降の武士の時代、江戸時代も色を楽しむ文化が続き、近現代になって西洋化する中で独特の色彩文化が発展していきます。

色彩が社会を元気にする。カラーオンでは社会背景と自分らしさの2つの軸でカラーコーディネートを提案いたします。自分らしいカラーコーディネートで過ごす人が増えるにつれ、社会が満ち足りた雰囲気に包まれていくことを願っています。 Details

Review

  • (0Ratings)
  • 6Took